スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電の商談(その10) ~融資について1~


太陽光発電システムを導入するにあたり、その導入でたくさんのお金がかかります。

当方の場合、9.89kwのシステムを導入したので、太陽光発電システムに関わる金額は
別項で書いたように、400万円を超えました。

まだ住宅ローンが残っている身で、手持ちの現金はそんなに余裕はありません。

ということで、支払代金の内の何割かは借金(融資)を受けました。


しかし、最初から融資ありきではなく、融資(金利分の支払い)の増分を含めて10年以内で投資の元が
取れるか計算・シミュレーションを行い、10年以内に元が取れること確認したので
融資を受ける決断をしました。

融資を受けて、10年以内に元が取れなかったら、太陽光発電自体を導入をあきらめるつもりでした。


設置業者などがシミュレーションで何年で元が取れるか資料を提示してくる場合がありますが、
これには当然、借金した場合の金利支払いの上乗せ金額は含まれていません。

自分でシミュレーションしなおして、判断をする必要が有ります。


そこで、どこから借りるかですが、
融資を受ける場合、通常以下のような形で融資を受けるかと思います。

1) 住宅ローンが残っている場合、太陽光発電を含めて住宅ローンを組み直す
2) ソーラーローン(太陽光発電導入に特化したローン商品)
3) リフォームローン(太陽光発電導入に限らない、リフォームのローン商品)


金利面を見た場合、1)が超低金利ローンが続く現在ですので
住宅ローンに太陽光発電の融資金額を組み入れるのが一番金利が低いです。

また、元々の住宅ローン自体の借入金に対する金利も下がる可能性が有ります。

いろんなwebサイトで「ローン借り換えで0円で太陽光発電を導入する」とあるのは
この類ですね。


住宅ローンを変動金利にするのがミソですが、変動金利のリスクを背負える人は
良いかもしれませんが、住宅ローンの金額から見ると、太陽光発電融資という相対的な
少金額の為に、相対的に多金額の住宅ローン側を変動金利のリスクにさらすという、
のは個人的には容認できませんでした。


また、私の場合、3年前に住宅ローンを借りており、その当時も結構な低金利でしたので、
今の変動金利と比べてあまりメリットが有りませんでした。


けど、ちょうど住宅ローンを借り換えしようかと思っている人はいいかもしれません。
(変動でなくても固定金利も非常に金利が低いので固定でもメリットがあるかもしれません)


また、抵当権の設定など借り換えの手間もあるので、これが最大に面倒。
時間がある人向けですかね。


(続く)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばケイン

Author:しばケイン
山梨県甲府市
太陽光発電所
SANYO(三洋電機)
HIT-N230SJ13(230w) 43枚
9.890kwです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
オンラインカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。