スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイムはまずいでしょ、あれ

本日6/12にTBS系のTV番組 「噂の東京マガジン」噂の現場にて、先の地震にて
ある宅が大変な被害に有ったが、周辺の家はこの家に比べればそれほど被害なし、
目と鼻の先の同じハウスメーカーで建てた家も、そんなに被害がなかった。

ハウスメーカーの保証内容は地震の場合、
周りの家と比べて被害がおおきい場合は保証の対象とのことだが、
ハウスメーカーは周りの家の被害と同じとして無償修理に応じていないという
番組内容だった。
被害内容はこの家は結構な壊れ方を表現されていた。


で、このハウスメーカーはセキスイハイムですね。



(間違いやすいのですが、セキスイハイムは積水ハウスとは別会社です。
セキスイハイムを積水ハイムと書くのも間違いです。
積水化学工業のハウス部門がセキスイハイムです)


会社名は番組内で伏せられていましたが、すぐにわかりました。
なぜなら、私は3年前、セキスイハイムをかなりの段階まで商談していたからです。
何回も既設の家も見ました。ハイムは鉄骨の商品は陸屋根で太陽光の
パネルも載せる予定で商談していました。


TVで壊れた家、あの家の商品名はおそらくBJですね。

なんでわかるかというと、私もハイムBJで商談していたのです。


ハイムの特徴は外壁のタイルでBJはあの正方形のタイルです。
上位のパルフェは長方形のタイルになります。


ハイムの特徴は工場で外壁を含めユニットが完成します。
そして、現場に運ばれて組み立てられるので現場の工数が少ないので施工ミスが
起きる確率が少ないはずなのです。


ですが、この番組内容だと、外壁パネルがずれ落ち、中の壊れ具合が相当ひどかった。



工場のミスなのか、現場の施工ミスなのか、その宅の地盤の問題なのか、
それともBJという設計上の問題なのか、それはわかりません。


TVは一方的ですからハイムが全面的に悪いと決め付けることはできません。


しかし、TVの取材(放送されると知っていて)であの対応をとるハイムの
会社としての行動が私には理解できません。

企業の立場としてです。


いろんなハウスメーカーがいろんな訴訟を抱えているのも知っていますが、
ああいう風にTVで開き直っている大手のハウスメーカーは始めてみました。


ハイムは名も知らない地場工務店でもないし、ローコストメーカーでもない、
ぱっと出の新興メーカーでもない。ハイムは全国区の大手ハウスメーカーです。

企業としての振舞い方が少しおかしいと思います。

これは被害者側からも、ハイムという企業側に立ってもおかしいと感じました。
どれだけイメージ悪くしてるんでしょうかね。


個人的な感想はハイムで建てなくて良かったです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しばケイン

Author:しばケイン
山梨県甲府市
太陽光発電所
SANYO(三洋電機)
HIT-N230SJ13(230w) 43枚
9.890kwです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
オンラインカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。