スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIT-230 実際のシステム出力性能はパネル2.4枚分多い結果!



HIT-230(HIT-N230SJ13)の1モジュール(1パネル)当たりの規定値(JIS)公称最大値は230Wです。

公称値に対して、実際に設置したパネルの性能はどの位か?
それはJ-PECに提出する出力対比表(出力特性表)が太陽光パネルメーカーから
提供されるので我々でも知ることが出来ます。

貰っていない方は業者さんに請求しましょう。

メーカーによってはパネルや梱包に情報が付随しているようですが、
三洋の場合は設置業者さんから製造番号を照会し、三洋から情報を貰う仕組みのようです。



このたび、設置業者(ネクストスマイルさん)に依頼していた出力特性表を頂きましたので公開します。

これから設置される方には非常に参考になると思います。

以下、当方のシステム合計43枚の出力特性表です。
(見やすいように、出力の大きい順にソートしてあります)


測定値(最大出力) [W]
244.3
244.0
243.8
243.8
243.7
243.7
243.6
243.5
243.4
243.4
243.3
243.3
243.2
243.2
243.2
243.1
243.1
243.1
243.1
243.1
243.1
243.1
243.0
243.0
242.9
242.9
242.9
242.9
242.9
242.9
242.9
242.8
242.8
242.7
242.7
242.6
242.6
242.5
242.3
242.2
240.1
240.0
239.8

合計 10444.5

・1枚当たりの最大は 244.3 W
・1枚当たりの最小は 239.8 W
・平均 242.9 W(230 Wより+12.9 W)


・実際の合計出力性能値は10444.5 W (なんと10KW 超えてしまいました!)

公称の出力値は 230W*43枚 = 9890 W ですので、

差分 10444.5-9890 = 554.5 W
対比 105.6%

554.5 W ということは HIT-230が実際は 2.4枚分多く載っているという事を示しています。
(554.5/230=2.4) 三洋はすごい!


HIT-230の出力特性表はネクストスマイルさんのwebページでも紹介されています。
(当方の情報ではありません)


ネクストスマイルさんで公開している出力表と当方の情報を合わせると、
HIT-230 は+10W 前後のマージンは確実にありそうです。

他のメーカーは公称を190W とすると190W を下回る、または190W を上回るパネル、
それらを組み合わせて平均で190W を出すように1システムの構成とする所もあるようです。

全てのパネルで公称を下回らない、かつ+10W 前後の多い発電をする性能を持つ
三洋のパネルはこの点でも購入するアドバンテージとなりそうです。


実際の数値は忘れてしまいましたがHIT-205 なども実際値はかなり良かったらしく、
おいしいパネルだったようです。

HIT-205,HIT-215 と比べて HIT-230 はマージンが多い方なのでしょうかね?




・出力特性表のワースト3枚について

上記表のワースト3枚

239.8 W
240.0 W
240.1 W

とその上位では明らかに出力が違います。


具体的には書きませんが手元にある製造番号を見ると、
番号のある部分の番号がこの3枚だけ異なります。 (単なるカウントの箇所ではありません)

番号の付け方から読みとると、この3枚と他の40枚は何らかの変更が加わっていると推測されます。
40枚の方が時間的に後で製造されたっぽいです。

つまり、HIT-230を発売当時に導入された方より、その後(今から)のパネルの方が
若干性能が上がっている可能性大です。

(あくまで推測ですので、違っているかも。ご勘弁を)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!!

ブログ拝見させて頂きました。 我が家も同じHIT-230W × 18枚 = 4.14kw(公称)です。  

パワコン5.5kw 変換率 94.5%

出力対比表(出力特性表) 241w=5枚 240w=1枚 234W=11枚 233w=1枚 の構成です。

全て240W台のパネル構成とは驚きです。  羨ましい限りです。

我が家の場合、南南西15°(南面0°) 傾斜 21.80° 

最大瞬間発電は4.9kwまででました。 瞬間的ですが一枚辺り272Wの発電をした事になります。
(2012.7)  

だとすると、240w超えパネル構成なのでパワコンの限界まで瞬間は上昇すると思いますがそちらはいかが

ですか? 

私見で憶測ですが、瞬間出力が多きいパネルと平均出力が高いパネルがあるような感じを各ブログやサイトを見て感じています。 

今後とも拝見、参考にさせて頂きます。 宜しくお願い致します。


 

Re: はじめまして!!

mugichanさん、はじめまして。
よろしくお願いしますぅ。

> だとすると、240w超えパネル構成なのでパワコンの限界まで瞬間は上昇すると思いますがそちらはいかが
> ですか?

ウチの場合、パワコンが定格9.5kW(5.5+4.0の2台)ですが
9.5kWの発電値まで達するのは結構あります。
ですが、雲が明けた後など限られた条件でしかおきません。

ピーカンのときはお目にかかれないですね。


> 私見で憶測ですが、瞬間出力が多きいパネルと平均出力が高いパネルがあるような感じを各ブログやサイトを見て感じています。 

1枚のパネルがどういう傾向を持っているかあまり感じたことはありませんが、
システムとして組み込まれたときの傾向の差は
これはパネルの並列度(5直列5系統や6直列4系統など)の差や
1直列の中にどんな特性のパネルが組み込まれているか(特性の高いパネルばかりなのか、
高いパネルと低いパネルの混在か)などいろんな要因によって
そのような発生しているかもしれませんね。

興味深いところだと思います。

プロフィール

しばケイン

Author:しばケイン
山梨県甲府市
太陽光発電所
SANYO(三洋電機)
HIT-N230SJ13(230w) 43枚
9.890kwです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
オンラインカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。