スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ絶対買う インターバルレコーダー「レコロ」

ITmediaに興味深い製品が紹介されていました。

インターバル撮影を手軽に――キングジムの「レコロ」
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1108/30/news046.html

発売元のKING JIMのwebサイトは以下
http://www.kingjim.co.jp/sp/recolo_ir5/

何に活用出来そうかというと、
三洋製太陽光発電の カラーモニター:「エネステーション」STK-RCS-PCM2C
の瞬間最大発電値の監視記録に使えそうです。

三洋のモニターはご存じの通り、瞬間最大発電値は記憶されません。

その対策としてモニターに対し、
・ビデオで撮影
・デジカメのインターバルタイマを使った撮影
(私が持っているデジカメRICOH CX-2にインターバル撮影機能あり)
・パソコンのwebカメラを使った撮影

などを考えていましたが、
毎日それを使うとなると撮影機材を占有させることになり、
また、使い続ける事で無駄も多いし、撮影機材の故障を誘発させます。

なので瞬間最大発電値の監視記録の実行には踏み切っていませんでした。

もっぱら、私が休日で在宅時に限っての目視というアナログの監視になっています。
(奥さんは興味が無いのでモニタ監視はしません)


ここで出てきたのが、冒頭のレコロです。
インターバル撮影専用なので占有させるのに問題ないし、おまけに安い。
本体価格6,930円、ACアダプターが2,100円。
占有させるにはピッタリです。


最短で3秒間隔で24時間撮影できるようなので、5秒ごとに値が変わる三洋のモニターの
撮影要求機能を満たしています。


9,999枚の撮影をした場合、ファイル容量は約750MBとのこと。

従って、

1日4時間(10時から14時)、間隔5秒撮影で撮影するとして、2880枚撮影。約216MB消費と計算出来ます。
SDHC 16GBまで対応しているとの事で、
16GBメモリなら大体、74日分は記憶できそうです(計算合ってる?)


三脚も付属していたりと、最高にニーズに合った製品です。
いい製品が出てきました。

モニタの液晶表示の値が見た目そのままに記録できるか、
本当に要求した機能が実現出来るか分かりませんが、失敗してもまぁ安いので
他にも色々使えそうです。

早速、本体とACアダプターを予約しようと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村


内窓工事を急遽発注~TOSTEM インプラス~


住宅エコポイント対象となる、内窓工事ではTOSTEM(LIXIL/リクシル)の
インプラスを選択しました。

実は既に、1つの部屋にはインプラスを設置済みで、効果を体感しているので、
今回の内窓工事で他の部屋にもインプラスを設置しようという訳です。


3年前に、現在の家を新築しましたが、ここ山梨県甲府市は次世代省エネルギー基準の
地域別ではⅣ地域です。(山梨でも一部山間部はⅢ地域です)


ですので、家の断熱はⅣ地域を準拠する作りにしました。


サッシはTOSTEMのデュオPG(一部樹脂のアルミサッシ)。

ガラスはペアガラス(LOW-E)を使用したAGCのサンバランスを使用。
(当時のエコガラスの等級で最上級の三つ星)

また、北側などの窓には内側が樹脂サッシであるシンフォニーマイルド(これもTOSTEM)を使用しました。

これでⅣ地域仕様です。


しかしながら、Ⅳ地域といっても、ここ甲府は夏暑くて、冬寒いという
ほんとにⅣ地域かという場所。

家の断熱はⅣ地域準拠では満足できるものではありませんでした。
Ⅲ地域仕様で家を造っておけばなぁと後悔しています。


そこで対策として建築の半月後くらいには子供部屋にインプラスを設置しました。

窓の断熱補強だけで他の部分の補強はしていないので、すごく快適という訳にはいきませんが、

インプラスを設置するだけでかなり暑さ、寒さが和らぐのを実感しました。

また、防音も結構効果が有ります。

窓から音が入ってくる箇所にはかなり有効性を感じました。


ですので、今回の住宅エコポイント対象となる、内窓工事で内窓が設置できない箇所を除く
全部の窓(6箇所)にインプラスを設置する事にしました。


断熱強化でエアコンの使用を減らして、太陽光発電での電気の売電を増やせればと目論んでいます。



写真は既設置のインプラス。


NEC_0109a.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村



内窓工事を急遽発注~住宅エコポイント工事対象期間が短縮~


少し前になりますが、5月13日(金)に住宅エコポイント工事対象期間短縮が発表されました。
(2011年7月31日までの着工、着手に変更)

http://jutaku.eco-points.jp/newsrelease/period.html

当家では太陽光発電の設置後、国の補助金が48万円前後出るため、この補助金を使って、
窓の断熱改修(内窓の設置)をする計画を立てていました。


内窓の設置は住宅エコポイント対象になるので、エコポイントがもらえます。


太陽光発電設置

国の補助金GET(約48万円)

内窓設置

住宅エコポイントGET(約11万円相当)


という、補助金の連鎖取りを狙っていたのですが、7/31着工を期限に住宅エコポイントが
終了してしまうことが決定してしまいました。


太陽光発電の国の補助金を手にするには工事終了後、何ヶ月も後になるため、これを待っていては
住宅エコポイントを貰うことは出来ません。


ということで急遽、内窓の設置工事を早めることにしました。

既に3月に窓枠の採寸だけは済んでいましたので、後は窓枠の色を決めるだけです。




国のエコポイント予算を使い切ったら、そこで終了なので、
7/31までに着工すれば必ずエコポイントがもらえるという訳ではない。


皆、駆け込みで申し込む可能性があるので、
工事終了とエコポイント申請をなるべく早くする必要があります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村



軽自動車タイヤをECOタイヤに変更(続き)

軽自動車タイヤをECOタイヤに変更の続きです。

155/65R13 を BRIDGESTONE(ブリヂストン) ECOPIA(エコピア) EX10 に交換しました。

ECOとは直接関係ありませんがお得なタイヤの購入方法を書いてみます。


ここ近年の原油価格や天然ゴムの価格の高騰により、タイヤの価格は値上がりしているので
安く買いたいものです。



タイヤ単体はタイヤ館やオートバックスなどの店頭で買うよりも、通販で買うと、
かなり安く購入出来ます。

店頭より半額以下もざらにあるので、タイヤは通販で買うのがベストだと思います。


但し、心配なのが


1) 古いタイヤが送られてきたら困る
2) タイヤ単体を買っても、どこで交換したら良いか分からない

などがあります。


1) についてですが、タイヤはゴム製品なので自然に劣化していきますので
なるべく新しい製品を購入したいものです。

ゴムの柔らかさが命のスタッドレスタイヤだと、なおさらですが、
通販だといつの製造か分かりません。

そこで、最近では「2011年製」などと製造年度を保証したタイヤが通販で売られています。
同じ製品でも「2011年製」と書いていないタイヤと比べて、多少の金額の上乗せがあるよう
ですが、通販の価格自体が安いのでこれらを指定して買っても良いと思います。


また、新製品を買うのも手です。新製品に古い製品はあり得ませんので。


2) についてですが、持ち込みタイヤをタイヤ館やオートバックスで交換すると
いやな顔されますし、びっくりするほど高い持ち込み用の工賃を請求されます。

こういう時はディーラーに持ち込むと良いです。

ディーラーとつきあいが無い方は持ち込みOKのショップが良いです。
最近は持ち込みOKを謳ったショップが多くなりました。

私は山梨県なので「BM-kofu」さんでやってもらっています。

私は10数年前から、(旧店名 ATS-BM 甲府の時代から)お世話になっています。


webサイトに持ち込みの料金も明示してあるので安心です。

http://www.bm-kofu.com/index.html

BM-kofuさんの持ち込み取り付け料金は4本で 10,710円でした。
(車からの脱着、バランス、エアバルブ交換、廃タイヤ料、全て込み)

お店のタイヤを買って付けてもらう場合と比べて1本当たり1050円ほど
高いだけなので大変お得です。


ちなみに、タイヤ自体は楽天で ECOPIA EX10が1本4,700円
→4本で 18,800円で購入できました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村



軽自動車タイヤをECOタイヤに変更

今日はECOネタということで、家の軽自動車
(元は奥さんの車でしたが、現在は私の通勤車)のタイヤを

ECOタイヤに交換しました。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)のECOPIA EX10です。

ECOPIA EP100と迷いましたが、EX10は軽自動車にて専用パタンを採用している事と、
エコラベリングのウエットグリップ係数がこちらの方が良いので
のでEX10を購入しました。


サイズは155/65R13です。
このサイズのエコラベリングの数値は


転がり抵抗係数   A
ウェットグリップ係数 b


YOKOHAMAのBluEarth AE-01のほうが性能が
よさそうです(ドライ AA、ウエット C)が、EX10はかなり安かったのでEX10を選択。


履き替えた後の感想ですが、アクセルを離した後の空走時の
車の速度が全然落ちません。

燃費がどの程度向上するか楽しみです。


ECOPIA



タイヤは通販で買って、地元のショップで付けてもらいました。
その話は明日書きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村





プロフィール

しばケイン

Author:しばケイン
山梨県甲府市
太陽光発電所
SANYO(三洋電機)
HIT-N230SJ13(230w) 43枚
9.890kwです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
オンラインカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。